アルゴリズムとデータ構造編【データ構造】 第0章 はじめに

先頭へ戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加

この章の概要

この章の概要です。

イントロダクション

この先の章では、データ構造を扱います。

データ構造とは、処理の対象となるデータの集まりを、どのような形式で表現するかを表すものです。 ほとんどのプログラミング言語で用意されている配列も、データ構造の一種です。

目的に合ったデータ構造を選択することは、プログラムの効率を向上させる上で重要と言えます。
例えば配列は、目的の要素を添字(インデックス)を使って高速に参照できますが、 要素を挿入したり、削除したりする操作を苦手にしています。 これは、途中に要素を割り込ませたり、途中の要素が無くなったりすると、後続の要素をすべてずらすことになるためです。 このような処理が頻繁に起こる場合、配列を選択することは適切とは言えず、他のデータ構造を検討しなければなりません。

また、データ構造単体ではなく、アルゴリズムの理解もセットにしなければなりません。 データ構造に合ったアルゴリズムの選択、あるいは逆に、アルゴリズムに合致したデータ構造の選択も重要です。 要するに相性問題とも言えますが、こういった部分の判断が出来るかどうかは、やはり正しく理解できているかどうかに尽きます。


C言語の場合、ほとんどのデータ構造は自作しなければなりません。 しかし、最近のプログラミング言語では、標準ライブラリ(あるいは、言語仕様自体)として、幾つかのデータ構造をサポートしてくれています。 この場合、使う分には簡単ですが、それでもやはり、各データ構造の特徴をよく把握しておかないと、最大限の恩恵を受けられません。


参考リンク

更新履歴

'2011/7/31 新規作成。



次の章へ

アルゴリズムとデータ構造編のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ